三重県環境学習情報センター

2021年12月5日「私たちの暮らしと気候変動」参加者募集中

 近年、大気中の二酸化炭素濃度が増加し、地球温暖化が進行しています。それに伴い、気候が変化して、農業や水産業、健康など様々な分野に影響を及ぼしています。

 このため、気候変動を緩和することはもちろん、変動による影響を予測して、その対策を考え取り組んでいく必要があります。

 今回の講座では、今までの気候の変化、将来の予測のほか、気候変動への適応の取組について、三重県気候変動適応センターの樋口俊実氏にお話ししていただきます。

 「私たちの暮らしと気候変動
   ~いま三重県で起きていること、これから起きること~」

【主 催】 三重県環境学習情報センター・三重県気候変動適応センター

【日 時】 2021(R.3)125日(日) 10時~11時30分

【場 所】 サン・ワーク津 1階 研修室 (津市島崎町143-6

【講 師】 樋口俊実氏(三重県気候変動適応センター 事務局長)

【対 象】 三重県在住の16歳以上の方で、地球温暖化、気候変動、環境問題などに関心のある方

【募集人数】 40人
       ※申し込み多数の場合は抽選。定員に満たない場合は、締め切り後も先着順で引き続き募集

【申込締切日】 2021(R.3)119() 

【詳 細】 チラシPDF kikohendo 2021.12.5
 ★お申し込みフォームはこちら


   鈴鹿山脈 竜ヶ岳付近 
   鈴鹿山脈の積雪も近年減少してきています。

記事一覧に戻る